7つの習慣

なぜ中小企業の管理職に7つの習慣®Innovation研修が必要とされるのか?

7つの習慣®Innovative Mind研修を受けると、組織はどう変わるのか?

『7つの習慣®』、なんとなくいいもの
だとは知っているけど、 それで本当に組織が変わるのか?

私たちFCEグループが10年以上7つの習慣®に関する事業を行う中で、 もっとも多く伺った疑問です。

そもそも「7つの習慣®」とは何か?

それは、 「成功のための原理原則」と言えます。
だからこそ、それを「実践しよう」とする「個人」が変わるのは理解ができる。
しかし、なぜ「組織」が変わると言えるのか?

私たちも、その「理由」を明確にお応えすることができませんでした。

のべ20,000人以上の研修実績からわかったこと

しかし、FCEトレーニング・カンパニーにおいて、
マネジメント力向上や営業力強化、組織作りに関する研修を、 のべ2500社以上の企業様へ年間600回以上行っていく中で、 わかったことがありました。

それは

「管理職・リーダーのあり方で、
組織は大きく変化する」

ということです。

そして、その変化は「よく頑張るようになった、前向きになった」ということ
にはとどまりません。
その変化は「組織風土を変え、イノベーションを引き起こす」という結果まで
もたらすということが、わかりました。

そして、その変化を引き起こすのに必要な事こそが、
「7つの習慣®」で身に付けられる要素だったのです。

働きがいのある会社、成長する組織に必要な事

一時期ではなく、長期的に成長し、
社員が働きがいをもつ会社には、
共通したある5つの要素があると、
私たちは考えました。

1)同一の危機感
2)共通の価値観
3)自信と信頼
4)感謝の気持ち
5)高い欲求水準

現状を把握し、より一層改善を実現しなければ、という思いと、
組織で一丸となり、同じ方向を目指し行動するための価値観。

そして、組織を支える「自分」と「他人」の可能性を信じ、
共にチャレンジしていく土台をもち、
互いへの感謝、貢献心を持ちながら、
「もっと良い状態にしよう」と向上心を持ち続けるということ。

しかし、会社を大きく成長させたい多くの経営陣が悩み、
現場を支えるリーダー、管理職がもっとも苦労をするのが、
この「共通の価値観」を持ち合わせているかどうかでした。

共通の価値観とは何か

共通の価値観とは、貴社の理念や思い、経営方針、そういったことに表れている事でしょう。
それらはもっとも大事にすべきものとも言えます。

しかし、それだけでは現場はうまく行きません。

部下と上司のすれちがうコミュニケーションや、
隣の部署とのいさかい。
大きな成果を出すことを阻害するものは、
「お互いの、異なる価値観」だったともいえるのです。

しかし、色々な個性や価値観があるからこそ、
様々なアイデアが生まれます。

個性やそれぞれの強みを生かしながら、
共通の価値観を持つためには、どうしたらいいのでしょうか?

部下と上司が、同じ方向をみてコミュニケーションをとり、 折り合いの悪い隣の部署と、
強い協力関係を築くには何が必要なのか?

それこそが「共通言語」の存在なのです。

「共通言語」で何が変わるのか?

弊社の「7つの習慣®研修」に出た方から、
このような声をいただくことが増えてきました。
  • (部下に対して)こうやって行動してほしい、と思う事も、
    自分だけの感覚で伝えていました。
    でも、7つの習慣®研修に参加してみて、それが言葉として、
    体系立てて整理されていると感じました。
  • 本当に『7つの習慣®』は凝縮されてるって感じですね。
    世の中いろいろな研修があるじゃないですか。
    それらが体系立ててすべてあの中にありますよね。

つまり、経営者やリーダー、管理職が「本当に伝えたかったこと」が
整理され、同じ価値観をもって話すことのできる方法が分かる事こそが、
「7つの習慣®」だ、と多くの方が感じているのです。

そして、その共通言語が生まれるとどうなるか?

お互いを理解しあうための土台ができ、自然と同じ価値観で
同じゴールに向かうことができるようになり、
より高みを目指すための「イノベーションを引き起こす組織風土」が
できるのです。

人格が変わる、組織風土が変わる・・・だけでは、足りない

「7つの習慣®」は、組織風土作り、では終わりません。
むしろ、「人格を高めること」「良い組織風土を作ること」だけで
終わってしまっては「7つの習慣®」がもたらす、
「真の効果性」は、まだ十分に発揮されていないとも言えます。

「7つの習慣®」には、欲しい結果を得るために必要な2つのステップがあると言っています。

1つ目は、その「自分の欲しい結果=成功」を得るに足る自分を作る「私的成功」のステップ。
2つめは、より多くの人と「真の成功」に至る「公的成功」のステップ。

つまり、「7つの習慣®」をより深く知り、実践していくことによって、 その人自身の人格を高めることができます。

人格は習慣から作られる。
貴社のリーダーや管理職が、より多くの人に深く信頼される人物になる、
必ずその大きなきっかけがつかめることでしょう。

しかし、ここからが重要です。

(そして、多くの企業はまだここに気づいていません)

リーダーや管理職の「人格」が高まった結果、
どんな組織風土を作り上げ、どんな結果を引き起こすことを目的にするべきなのか?

会社の中のたった1人が変化しても、企業全体の飛躍的な成長には時間がかかります。
もっと短期間で、圧倒的な成長をするためには何が必要なのか?

これこそが、多くの企業が必要とし、「7つの習慣®研修」を通して、得たい結果だったのです。

そして、イノベーションを起こす組織へ

7つの習慣®の第6の習慣は「相乗効果を発揮する」です。

この「相乗効果を発揮する」ことこそが、
7つの習慣®の目的、ゴールともいえることなのです。

そして、このことこそが、多くの企業が真に求め、
私たちFCEトレーニング・カンパニーが
「7つの習慣®」を通じて、多くの企業様と共にもたらしたい 「結果」です。

第6の習慣までに学んだ全ての習慣を活用して、組織風土を変え、 そして、
イノベーションを起こす状態を作り上げる。

私たちFCEトレーニング・カンパニーの「7つの習慣®研修」では、 この「イノベーション」を
起こす方法を、 自社で、具体的に、どのように実践していくか、ということを考えます。

もちろん、単なる机上の空論として考えるのではありません。

学んだ「7つの習慣®」が、実際にビジネスの現場で実践され、 イノベーションに繋がっている「実例」を見ながら、 丁寧にその内容を分解し 自社や自分に置き換えたときの強みや弱みを分析し、 具体的な改善計画を立てていきます。

実際の参加者からは、このような声を頂いています
  • 7つの習慣が全て実践された組織とは、こんなにも強く、
    またワクワクするアイデアができるのか、と感じた。
  • 発想力を高め、そしてイノベーションを引き起こす、
    その組織の土台となるものが明確になった。実践していきます。
    「第6の習慣」のパートの映像には、インパクトがあり、
    中長期の会社・組織のイメージができました。
  • 組織を作り上げていくときに「当たり前のこと」の徹底の大切さを
    具体的に再認識するとともに、とても感動した。 映像、学びが多かった。
    取り入れて頂き、本当にありがとうございます。

FCEトレーニング・カンパニーの「7つの習慣®Innovative Mind」研修
最大の特長はここにあります。

組織へ「7つの習慣®」を取り入れることは、
個人の変革にとどまらず、組織の強みを大きく引出し、
圧倒的な成果を、大きなイノベーションを引き起こすきっかけとなりうる、

偉大な価値があります。

この一歩目を踏み出すかどうか。

ぜひ、皆様の会社でも「選択」してください。

※「7つの習慣®」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。 ※本プログラムはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(FCJ社)とのパートナーシップ契約に基づき、 FCJ社の監修のもと、研修および振り返りテキストを通してビジネスシーンでの実践を目的に開発しております。

お問合せはこちら

講座・セミナーの日程をご確認ください。
無料公開講座の日程 公開セミナーの日程
  FCEグループは「働きがいのある会社」ランキングで  ベストカンパニーの1社に選ばれました
セミナーレポートブログ
7つの習慣R
7つの習慣RCare

News


Information

ページ上部へ